WordPressには高機能なWYSIWYGエディタとして有名な TinyMCE が実装されています。
WEBベースのエディタで、OSやブラウザに依存することなく常に同じ操作性を提供します。

tinymce

ビジュアルエディタとテキストエディタの切り替え

スクリーンショット_121813_011710_AM

エディタ右上のタブでビジュアルエディタ(WYSIWYGエディタ)とテキストエディタ(HTMLエディタ)を切り替えることができます。

ビジュアルエディタは初心者向けのエディタで、Wordと同じような操作で本文を作成できます。

テキストエディタはHTMLタグでコーディングするエディタです。
HTMLタグに関する知識が必須ですが、細かな調整や複雑なレイアウトも可能になります。
ただし、タグの記述ミスによるレイアウト崩れのリスクがあります。
また、ビジュアルエディタとテキストエディタを行き来すると、TinyMCEの整形機能によって勝手にタグが書き換えられる場合があります。

ビジュアルエディタを使う

スクリーンショット_121813_013007_AM

Wordなどで一般的に使われているアイコンによるインターフェイスで、本文を簡単にレイアウト・装飾することができます。
初期状態では最上段だけが表示されていますが、一番右のボタンをクリックすると2段目のツールバーが表示されます。

段落を区切る際は【Enter】、改行は【Shift+Enter】を入力します。
Wordや他のホームページからコンテンツをコピー&ペーストすることもできます。

タイトルはテキストを太くしたり色をつけたりするのではなく、『段落』プルダウンメニューから適切な見出しレベルを選択して、本文を“構造化”することが大事です。
同様に、リストとして表示すべき内容は『リスト』にするなど適切な“構造”を意識すると、自然にシンプルで美しいレイアウトになります。
特にタイトルには、デザイナーが独自のデザインを紐付けている場合があるので、積極的に利用すべきです。

プラグインなどで特殊なカスタマイズを施さない限り、テーブルやiframeを挿入したり、文字サイズを変更することはできません。(管理者に相談してください。)

画像を挿入する

スクリーンショット_121813_014658_AM

エディタのツールバー上の『メディアを追加』ボタンをクリックします。

詳しくはこちら