この記事は2年以上前に書かれた記事です。現状にそぐわないかもなのでご注意を。

WordPressのテーマをHTML5でコーディングする際の呪文

WordPressにかぎらず、HTML5でコーディングするとIE8以下では正常に表示されない場合があります。
IEはブラウザ界のスーパーエリートなので、5年も前に発表されたオッサンエリートだとしてもエリートはエリートなので、無視するわけにはいかないのです。
少なくとも日本企業においては古いIEを使い続けるのがトレンドだったりするので、HTML5を使う場合は忘れずに呪文を唱えましょう。

まずは以下の2つのライブラリをダウンロード

html5shiv.min.js

https://code.google.com/p/html5shiv/
zipをダウンロードして、distディレクトリ内のhtml5shiv.min.jsをテーマのjsディレクトリにつっこむ

respond.min.js

https://github.com/scottjehl/Respond
zipダウンロードして、destディレクトリ内のrespond.min.jsをテーマのjsディレクトリにつっこむ

functions.php

以下の呪文をテーマのfunctions.phpに追記する

function labrid_ie_support_header() {
echo '<!--[if lt IE 9]>'. "\n";
echo '<script src="' . esc_url( get_template_directory_uri() . '/js/html5shiv.min.js' ) . '"></script>'. "\n";
echo '<script src="' . esc_url( get_template_directory_uri() . '/js/respond.min.js' ) . '"></script>'. "\n";
echo '<![endif]-->'. "\n";
}
add_action( 'wp_head', 'labrid_ie_support_header', 1 );

完成!
世話の焼けるオッサンエリートって最悪ですね。
IE6に至っては思い出したように墓の中から対応を要求するゾンビエリートですからそれに比べればマシ!

スポンサーリンク